DBS販売管理が、様々な機能を追加してリリースされました!
追加された機能や改善点をご紹介します。
現在、サポート契約中のユーザー様に対して、
特価にてアップグレードを実施中です。

この機会に、ぜひ最新のDBS販売管理をご活用ください!!

 

≫お申込みフォームへ

 

追加機能のご紹介

付箋紙機能

伝票に付箋紙を貼ることができるようになりました。貼り付けた付箋にはメモを記入でき、検索や履歴に表示されます。
伝票の検索では、付箋メモでの検索ももちろん可能です。
付箋は、検索、履歴、各種伝票発行での選択リストで表示されます。

伝票削除確認の複雑化

各種伝票での誤操作による伝票削除を防ぐために、削除時の確認操作の複雑化を行いました。
設定により、従来通りの確認メッセージに戻すこともできます。

軽減税率に完全対応

今後、導入される可能性のある、軽減税率の制度に対応しました。
従来の税率マスターを複数登録することができ、それぞれ商品マスターに関連付けることができます。

レイアウトファイルのネットワーク間同期機能

DBS販売管理をネットワークで複数PCにてご利用の場合、共通のレイアウトファイルを使用するためには、レイアウトフォルダを共有化する必要があり、これには煩雑な操作が必要でした。
新バージョンでは、これら複雑な操作や設定をせずに、すべてのPCでレイアウトを自動的に同期することが可能になりました。

伝票項目への計算式が設定可能

数量や金額の項目に対し、計算式を設定することができるようになりました。
従来は、数量は入数×箱数、金額は数量×単価の計算が固定で行われましたが、これらの動作を任意に設定可能になりました。
また、計算式は基本情報に初期動作を登録できる他、商品ごとに個別に設定することも可能です。

月2回締め、3回締めに対応

今までの月極処理に、2回締め、3回締めの機能が追加されました。
2回締めは15日と末日、3回締めは10日と20日と末日に締め切られます。
2回締めは得意先マスターの締日に92を、3回締めは93を指定するだけなので、従来と設定方法や操作は全く変わりません。

振込手数料算出・自動明細追加機能

入金・支払伝票の入力時、手数料自社負担の取り引きの場合、預金口座に振り込まれた金額をそのまま入力するだけで、自動的に手数料を割り出します。
入金額を入力すると、最も手数料として近い差額を持つ過去の締データの税込売上額を捜査し、その差額を手数料として自動的に明細追加します。
例えば、今回の入金額が10,160円として入力した場合、10,800円の税込売上額が見つかると、640円を手数料としてすぐ下の行に追加します。
※差額は1円以上2,000円以内として判断します。

階層付見積書画面でのツリー表示対応

階層付の見積書の編集画面で、階層状態を視覚化したツリー表示に対応しました。
階層状態の視認性のアップはもちろんのこと、ツリーをダブルクリックすれば、その階層の明細を即座に開くこともできます。
前述の付箋ももちろん表示されます。

その他にも色々な機能追加や改善が実施されました!!

商品マスターの商品名、規格の項目の最大文字数が拡張されたり、チェーンストア統一伝票発行に対応する単価マスターへの販売単価登録にも対応しました。
見積書入力では、別見積からの貼り付け機能に、下層見積の一括貼り付け機能が追加されたり、見積書検索でも、親(トップ階層)見積番号の項目の検索・表示に対応しました。
また、伝票入力系の画面レイアウトを見やすく調整したり、データ復元時やレイアウトマネージャ起動時の管理者権限取得も不要となり、煩わしい確認メッセージも表示されなくなりました。
その他にも、様々な改善が施されています。
また、Windows10 Creators Updateにも完全対応しました。


アップグレードに関するご注意

ネットワークで同一のデータベースサーバーを複数台でご使用中の場合は、データベースがver4.50用にアップグレードされるため、全てのDBS販売管理をアップグレードする必要があります。
ネットワーク中にアップグレードしていないDBS販売管理がある場合、旧バージョンのDBS販売管理では一部の機能が動作しなくなりますのでご注意ください。
クライアント台数による割り引きもありますので、ぜひ全てのDBS販売管理のアップグレードをご検討ください。


旧バージョンのDBS販売管理サポートについて

旧バージョンとなるDBS販売管理ver4.01系につきまして、サポート契約を締結しているお客様につきましては、サポートは継続されます。
ただし、今後配信されるモジュールは、不具合修正や問題改善が主な対応となり、新しい機能の追加等は行われませんのでご注意ください。
また、旧バージョンの追加のご購入も当面承りますので、お気軽にお問い合わせください。


アップグレード料金のご案内

アップグレードに必要な料金を、以下の通りご案内いたします。
現在、サポート契約中のユーザー様に対して、特価にてアップグレードを実施中です。

エディション 搭載機能 ライセンス数
1
Private Edition 6,000
Starting Edition 3,000
Standard Edition 10,000
Professional Edition 13,000
Enterprise Edition 15,000

※サポート契約中のユーザー様特価です。
※単位は円(税抜)です。
※お申し込みにはDBS販売管理のシリアルNo(24桁の数字)が必要です。
お使いのDBS販売管理のエディションとシリアルNoは、メインメニューの[ヘルプ(H)]→[バージョン情報(A)…]でご確認いただけます。


アップグレードのお申し込み

アップグレードをご希望のユーザー様は、以下のリンクをクリックし、表示されたお申し込みフォームに必要事項をご記入いただき、送信ボタンをクリックしてください。
お送りいただいたメールアドレス宛に、ご希望の資料をお送りさせていただきます。
お申し込みいただいた場合、弊社にてご入金確認後、お使いのコンピュータにActiveUpdateで配信されます。

 

≫お申込みフォームへ

 


※サポート契約が終了している場合
サポート契約が終了してしまっている場合は、アップグレードをお申し込みいただけません。
最新版へのアップグレードをご希望の方は、まずサポート契約をご検討いただけますようお願い申し上げます。